私のホームステイ体験(アメリカ・ワシントン州シアトル)

短大の研修で約2週間、シアトルに初めてホームステイしました。
ほぼカナダに近く、穏やかな気候、豊かな自然、食材も豊富、と過ごしやすく、英語の発音も標準語で聞き取りやすい。環境の良さは成功の大きな要素でした。

午前中は地域の集会所に集まって授業、午後からは各家庭で過ごしました。
私のホストファミリーは2歳と5歳の女の子がいる4人家族。家庭菜園、料理が趣味のお母さんと、優しい笑顔が素敵なお父さん。私の前にも継続して受け入れ経験のあるご家庭でした。

今思えば、ボランティアに近い受け入れ。毎日お弁当を持たせてくれ、お子さんもまだ小さく、毎日相当忙しかったと思います。もう少し何かお手伝いをする(せめて、申し出る)べきだったと反省しています。

1度だけ、初めての集会所に1人でバスで行かなければならない日があり、事前に行き方をメモしてもらっていたのに、迷子になってしまったことがありました。
今思えば、バスに乗るときに運転手さんにメモを見せるなど、工夫すればよかったと思う。

ある午後、子供はシッターに預けて野外コンサートに行かないか誘われました。私はそのお誘いを遠慮して断ったのですが、ホストファミリーは何故いかないの?と逆に困惑していました。
思えば、ホストファミリーはいつも私の意志を尊重してくれていました。変に遠慮をせず、どうしたいか意思をはっきり伝えることが大事だと思いました。
また、一度だけ日本料理をふるまう機会がありましたが、まな板でネギを切ると匂いがうつるので避けたいといわれていたのに、使ってしまった失敗があります。一緒に生活する上で相手が大事にしているルールを守ること、これは日本でも一緒ですね。

一緒に行った友人のホストファミリーもそれぞれで、老夫婦のお宅に行った友人は娘のように可愛がられていたし、メキシコ系のご家庭に行った友人は喜怒哀楽の激しい家庭環境に慣れず、先生に相談。驚いたホストファミリーが対応し、解決していました。相性もあると思いますが、我慢せずに伝える勇気も必要だと思います。
また、友人の一人は帰国日に盲腸になり、帰国を遅らせざるを得ない状況になりました。
健康で過ごすことも大事な要素です。

いろいろ反省点はありますが、素晴らしい経験は自分の財産となりました。必要なのはホストファミリーへの感謝の気持ち、これさえあれば何とかなると思います。

オーディオ
心の童話
童話
初値予想

ショッピングカート
マッサージのリアル口コミ.com

英語上達の秘訣
生命保険の口コミ.COM

工務店向け集客ノウハウ
クレジットカードの即日発行じゃけん